コーヒー愛を貫く児玉です。
産地の様子、生豆輸入、焙煎、粉砕、抽出など一般的なものから、カフェ開業のご相談、カフェインの除去方法や麻袋の加工方法など幅広くご質問を受け付けておりますので「お問い合わせ」からどうぞ。
「21世紀少年」のブログもぜひご覧ください。

営業時間
平日 9:00〜17:00
TEL: 0120-2154-00
FAX: 0120-2154-03
正午までのご注文は、本日発送します。
それ以降のご注文は、翌営業日発送です。
離島・一部地域は送料がかかる場合があります。
 
21世紀コーヒーのカフェインレスコーヒー

21世紀コーヒーがカフェインレスコーヒーを発売したのは、まだカフェインレスということばが浸透していなかった1990年代。当時はカフェインレスコーヒーに対するニーズは現在では想像できないほど低いものでしたが、必ず将来的にニーズが高まると見込んで、良質なカフェインレスコーヒーを追求してきました。「良質」とは具体的には「おいしさ」「カフェイン残留率0.1%未満」に集約されますが、現在日本で流通するカフェインレスコーヒーのカフェイン除去方法である「液体二酸化炭素法」「超臨界二酸化炭素法」「スイスウォーター法」「マウンテンウォーター法」4種類はすべて有機溶媒を使用せず、カフェイン残留率を0.1%程度に抑えられるといわれていますので、問題は「おいしさ」となるわけです。21世紀コーヒーでは、この「おいしさ」がカフェイン除去方法と密接な関係にあると考えています。

21世紀コーヒーが採用しているのは「液体二酸化炭素法」。ドイツ・ブレーメンにあるCR3社の特許製法で、世界で唯一、液体二酸化炭素でカフェイン除去加工を行う会社です。液体二酸化炭素法の最大の特徴は、25℃前後の常温に極めて近い状態で加工することで、コーヒーのおいしさの重要な指標となっているクロロゲン酸と脂質の減少を最小限にとどめることができる点です。

徹底的に味にこだわったカフェインレスコーヒーですが、CR3社の協力で、コロンビア・ポパヤン地方産スペシャルティコーヒーを原料にした「プレミアム・カフェインレス」を21世紀コーヒーの独自規格で発売しています。カフェインレスとは思えない古き良きコロンビア・マイルドの豊かな風味をぜひお楽しみください。


【容量】 200g
【生産国】 コロンビア
【カフェイン加工国】 ドイツ(ブレーメン)
【カフェイン残留率】   0.1%未満(日本食品分析センター調べ)
【カフェイン除去工程名】 液体二酸化炭素除去




ドイツ・ブレーメンにあるCR3社 社屋外観


デカフェネーションタンク
 お問い合わせ | 特定商取引法に基づく表記 | リンク | Home  
Copyright (C) 21 Century Coffee All Rights Reserved.